5月26日 OPEN

ご予約・お問い合わせ011-598-5555

×

ご予約・お問い合わせ011-598-5555

© 2007 Daiichi Hotel inc.

「五つのお約束」

和食に大切なのは、五法・五味・五色・五適・五覚とされています。
例えば、調理法や味にバリエーションを持たせること。
例えば、年齢や性別に合った素材や量を知ること
どれも食べ手への心配りから生まれたものです。
私たちが創業以来大切にしている「すべてはお客様のために」。
この想いを、和食の五つのお約束ごとに重ね、皆さまにご満足いただける宿を目指して参ります。

第一寶亭留の食を担う、
料理人の表現の場を作りたい

宿づくりはそこからスタートいたしました。
館内でお客様を最初にお迎えするのは、宿の要となるオープンスタイルの厨房です。ロビーと一体化した斬新な造りながら、中で行われているのは、先代より変わらぬ手しごと。
丁寧に出汁をとり、真摯に素材と向き合い、時間をかけて下ごしらえをする。おもてなしは時代とともに多様化しても、伝統を大切に守り続けてゆく。厨房に立つ料理人の姿に、私たちの目指す宿の在り方が映し出されているかもしれません。

「お食事は、北海道の恵み豊かな食材とおいしい水、厳選した調味料を用いて作る厨翠山ならではのフュージョン(融合)料理。
和食を中心に、季節ごとに道内各地に展開する各寶亭留のフレンチやイタリアンのシェフが訪れ、その腕を振るいます。
オープンキッチンなので、出来たてをすぐにお召し上がりいただけるのはもちろん、次の料理を待ちながら、仕上がりまでのプロセスを見られるのも一興。
料理人が素材に包丁を入れるところから、仕上げの箸さばきまで。「食べる」だけではなく、厨房の向こうの「景色」や下ごしらえの「音」も、ライブ感あふれる新たな食体験のひとつとして、お届けいたします。

食への知的好奇心を満たすなら2階ラウンジへ。ゆったりとしたプライベート空間には、食材やレシピ、調理器具に関する書物や、自社工房で制作した素焼きの器が並びます。調理人手作りのおつまみとお酒を片手に、献立を考えたり、盛り付けをイメージしてみるのも、この宿ならではの旅の愉しみ方です。館内随所に料理人の熱い想いが息づく「厨翠山」。新たなる食のステージで、皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げております。